読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

逆に顧客が会いたいと思ってしまう!アポが取れるたった1つの大原則

// // Photo:Tokyo 1297 By tokyoform 電話アポや新規開拓の際に、顧客は営業マンとなかなか会ってはくれない。どんなものを売りつけられるかわからないし、そもそも自分の仕事があり忙しいからだ。誰だってそうだろう、忙しい時に数十分から一時間でも、物…

ガチャ切りされない、断られない!会う確率が数倍に上がる電話アポの6つの極意

// // Photo:Call centre By Walt Jabsco 電話アポは会うことが大切だ。電話での成功とはまずは会うことだ。会った後に、商談でのテクニックや心構えを活用すると良い。ではいかにガチャ切りされずに会うまでにこぎつけられるのか。ここでは6つの極意を紹介…

テレアポのために誰でも簡単に集められる電話リストの探し方

// // ターゲットを絞る テレアポには電話リストが必要である。ここでは様々な簡単な集め方を紹介するが、ターゲットを絞る必要がある。例えば法人用コピー機などを売る場合、一般家庭に電話しても意味が無いように、できるだけターゲットを絞る。 インター…

テレアポは「営業」することではなく、「確認」すること

// // 商談するまでは確認に徹する テレアポをとるためには、営業色は一切出さずに「確認」作業に徹する。営業色を出し過ぎると警戒されるからだ。担当者名がわかり資料を送ったら、同じように「確認」作業を継続する。 資料を見ながらニーズを確認する 資料…

テレアポで資料を必ず送ることができる最良なアプローチ

ニーズを探る テレアポをすると受付の電話が出ると、誰でも担当者や社長に繋がりたいと思うだろう。ただそのような場合は拒否される場合が多い。最良な方法はニーズを探ることだ。受付の電話はニーズが知らない場合もある。知ってても知らなくても、まずは聞…

アプローチ方法を真逆にする電話アポの断られない考え方

// // テレアポは営業してはいけない。 テレアポするさいは、以下の言葉が多くなるはずだ。 「お忙しいところすみません」 「社長いらっしゃいますか」 「○○のコストを大幅に削減できる提案のためにお電話しました」 例えば電話の受付はこのような電話だと、…

「電話アポ取りは営業じゃない」常識を覆す概念とは

// // アポ取りはマーケティング 日々多くの営業マンが電話営業をしている。不特定多数に電話をして、アポを取り、契約をとる作業だ。一言で営業というとこのアポ取りや飛び込み営業などのイメージがあり、悪い印象がある。多くの人にとって、営業マンは「電…

電話で契約の直前まで行くテクニックが散りばめられた最高のアプローチ方法

// // まずは嬉しい気持ちを伝える 電話での最初に伝えるのは嬉しい気持ちだ。話すことができて嬉しいという事を知ってもらう。 「○○さんとお話できて嬉しいです」 ストレートに本題を話す 余計な世間話はせず、ストレートに、説明時間を指定して本題を話す…

媚びずに直球勝負でアポを取る今までの常識を覆す方法

// // 媚びない。嘘をつかない。 訪問をしたい場合、よく「ごあいさつだけでも」「名刺だけ置いていいですか」「資料だけお渡せ出来れば」などとアプローチをすることがある。YESを言わせる「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」の一つだが、実はこのよう…

電話の世間話はもう古い。忙しい現代の切り出し方法

// // 世間話は控える 仕事における世間話は人間関係を築く上で良いものとされた。だがしかし合理的な現在にとって仕事中の世間話はいいものとされない。忙しいのに世間話をされたら、迷惑になるし、肝心な伝えたいことも時間切れになり伝わらないこともある…

アポを断られてもチャンスに変えるプラス思考の方法

// // 前向きに考える 例えばアポをドタキャンされたとしよう。誰だって落ち込むはずだ。だがこうも考えられる。「はじめから買う気がなかったのかもしれない」「買う気がないのであれば、貴重な時間を無駄にしなくてすんだ」中には本当に買う気がないのに、…

テレアポで絶対言ってはいけない3つの禁句とそのベストな言い方

// // 無駄な質問はしない よくテレアポなどで、「資料は届きましたでしょうか」と確認することがある。それは意外にも禁句である。そもそも、資料は届く場合が多く、確認してもあまり意味がなく、届いてないかも?と答えることも多い。その場合は「再度お送…

テレアポで絶対に電話を切らさせない最初の絶妙なアプローチ方法

// // 三段階で切らさせない 相手が忙しいときに電話すると、切られたりすることがある。それを切らせない、そして話を聞いてもらうために絶妙なアプローチ方法がある。それは、以下の三段階で1分以内に話す。忙しい相手なのではじめの1分が大切だ。 まず謝…

電話アポの必須条件!なぜ断られても必ず3回はする必要があるのか

// // まずは断れることを前提に 電話でアポを取らないといけない場合、断られたらすぐに引き下がりたくなる。何度も電話してうざいと思われないだろうか。しつこいやつだと思われないだろうか。しかし、あまり知らない人から何かお願いされようとした場合、…