読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

営業マンはお願いをしてはいけない唯一の理由

Tokyo 88
Photo:Tokyo 88 By tokyoform

顧客と対等となるべき

一般的に営業マンは頭を下げるイメージが有る。値下げ要求されたら、そのまま応じ、「帰れ」と言われても頭を下げてずっと居座る。どうしてもノルマを達成できないので、遅くまで残り、必死に頭を下げて購入、契約してもらう。多くの人は営業マンに対してそのようなイメージを持っている。

 

ただ、顧客に対し価値やメリットを提供できるのであれば、営業マンは頭を下げてはいけない。メリットを提供できるという自信と責任をもち、顧客と対等でなければならない。以下の二人の営業マンがいたらどちらから買いたいだろうか。

 

  1. 「ぜひお願いします!値引きも応じます。現在キャンペーン中なのでサービスもします!お願いですからご購入句ください」
  2. 「私達がお客様のニーズを責任持って満足頂くためには○ヶ月のお時間と費用がかかります。それでもよろしいでしょうか」

 

2番から買いたいと思うだろう。下からお願いされると、価値が下がるように感じないだろうか。もちろん上からの目線では絶対に駄目だが、営業マンはあくまでも価値を提供するため、対等になるべきだ。対等な代わりに、責任持って顧客のニーズを満たし、満足をしてもらう必要がある。

 

顧客を神様だと思わず、顧客のパートナーであり続けるのが、本当のできる営業マンだ。

 

参考書籍:

“検討します”を言わせない営業術

“検討します”を言わせない営業術

広告を非表示にする