読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

ICレコーダーがお母さんたちに売れまくった理由と非常に有効な提案方法

Olympus Digital Voice Recorder WS300M
Photo:Olympus Digital Voice Recorder WS300M By Mel McC

プレゼンでも商品説明でも、営業マンは説明することにうまくなければならない。商品知識が多くても、説明が下手だと不信感が出て、買おうとは思わないだろう。同じ商品でも、営業マンによって売上が違う。その理由は様々だが、その一つとして、できる営業マンは説明がうまいということだ。

 

ICレコーダーが売れた理由

テレビショッピングで有名なジャパネットたかたでは、ICレコーダーをなんと、全国のお母さんたちに売ったという。ICレコーダーとは音声を録音する端末機器で、主にビジネスの場で使われることが多い。会議の記録や、顧客との商談の記録など、多くの場合は家庭では使われない。ただ、ジャパネットたかたでは、お母さんたちにICレコーダーを売りまくった。その理由はたった一つ。ICレコーダーのメリットをお母さんたち向けに提案したからだ。

 

ICレコーダーで手軽にメモができる。留守の時に子どもに「ご飯をチンしてね」や「今日は何時に帰る」などの音声メモを残しておくのだ。ビジネスマン向けの機械をお母さんたちに別の使い方を提案することで、売れまくったというのだ。

 

そこでのポイントは商品の機能をただ単に説明したというわけじゃない。その機能でどんなに生活が便利になるか、生活が豊かになるか提案することが重要だ。ICレコーダーの機能を紹介しても、その便利さには気づかないだろう。全国のお母さんたちは、ビジネスマンはそのようにしてメモをしているのだと感じるだけだ。だが、上記のような子どもにメモを手軽に残せるという提案をするだけで、同じ商品の同じ機能であっても、お母さんたちにとっては重要なものに感じる。

 

その他に、ビジネスでよく使われるICレコーダーを、お母さんたち向けに、簡単な言葉で説明したというのも大きな要因だ。ICレコーダーという、ビジネスの場で使われやすい難しそうな機械を、簡単な言葉でわかりやすく説明した。そして、機能を淡々と説明するのではなく、この機会でどのような豊かな生活になるのかを提案し想像させる事によって、意外なICレコーダーをお母さんたちにヒットしたというのだ。

 

提案次第では、意外なものが意外な顧客に売れることがある。その商品のメリットを洗い出し、見直すことで、自分では思いもよらなかった顧客に勧めることが出来るだろう。

 

参考書籍:

ジャパネットからなぜ買いたくなるのか? 一番売れた生放送の秘密

ジャパネットからなぜ買いたくなるのか? 一番売れた生放送の秘密