読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

どんな人も幼稚園で教わっている、リーダーになるためのたった一つの素質

Conference 2010 - Leader
Photo:Conference 2010 - Leader's Speech By DUP Photos

営業マンでも、ある程度年数を重ねると部下ができるだろう。部下を引っ張るリーダーとして、迷うこともあるかもしれない。ただ、リーダーは必ず、活発的で、みんなを引っ張るリーダーシップがなければならないというわけではない。物静かなタイプでも、内向的なタイプでも、立派なリーダーになれる。それは「真摯である」ということだ。

 

「真摯であれ」

人を引っ張るが、嘘つきで自己顕示欲が強いタイプと、あまり引っ張らないが、地道で真摯なタイプはどっちに付いて行きたいと思うだろうか。断然後者のほうである。

 

「礼儀正しさとは最大の攻撃力である」という言葉がある。礼儀正しくしていれば、リーダーになれるといっても過言ではない。細かいことでも、人が見ない所でも真摯であれば、必ず人はついてくる。

 

幼稚園で教われている事を今でもすべて実践できるか。真摯であることは、幼稚園で全て教わっている。例えば、

 

  • 人には挨拶をしなさい
  • みんなで仲良く遊びなさい
  • 仲間はずれをしてはいけません
  • 嘘はついてはいけません
  • 間違ったことがあれば心から謝りましょう

 

誰もが言われたことがあるだろう。しかししっかりと守っている大人は多くはない。人の上に立つには、幼稚園で学んだこともしっかりと守れる人でなければならない。リーダーとは、人を無理に引っ張らなくてもよい、活発的でなくてもよい。やるべきことをしっかりとやり、礼儀正しく、真摯でなければならない。ミスをしたら謝る。約束は守る。相手を敬う。こんな基本的な事を心がけるだけで、信頼度が増し、人は自然とついていく。

 

参考書籍:

「本物の営業マン」の話をしよう (PHPビジネス新書)

「本物の営業マン」の話をしよう (PHPビジネス新書)