営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

簡単だけど効果が断然違う売れる数字の装飾術

数字はインパクトを与える

繰り返しになるが以下はどちらにいきたいと思うだろうか。

 

  1. 「広々とした温泉で、数種類ののサウナ付き」
  2. 「50平米の温泉で、10種類のサウナ付き」

 

2番が具体的に想像でき、いきたいと思うのではないだろうか。数字はインパクトを与える効果がある。数字に変えることが出来れば実施したほうが良いだろう。

 

数字を強調する

今度は数字を装飾してみる。どちらがよりインパクトがあるか。

 

  1. 「50平米の温泉で、10種類のサウナ付き」
  2. 50平米の温泉で、10種類のサウナ付き」

 

このもちろん2番だ。数字に太字の装飾をすることによって、目を引く相乗効果がある。

 

数字の前に文字を入れる

今度はこのような例だ。

 

「10回のお試しコース」

「計10回のお試しコース」

 

若干ではあるが、2番がインパクトがあるのではないだろうか。数字の前に漢字を置くことによってトータル感を表し、より一層インパクトを与えることができる。少しのことでも効果があればいろいろ試すべきだ。

 

参考書籍:

セールスのプロが教える!相手を思いどおりに動かす超数字術~売上げ・結果が9.7倍アップする数字の使い方

セールスのプロが教える!相手を思いどおりに動かす超数字術~売上げ・結果が9.7倍アップする数字の使い方

広告を非表示にする