読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

足で稼ぐ昔ながらの営業方法に差をつける!現代に合った新規開拓の6つの方法

Facebook
Photo:Facebook By Scott Beale

 昔の営業マンは、新規顧客の開拓は足で稼ぐもので、人と人の関係が大事だと教われてきた。人間関係が大事なのは今でも同じだが、時代はどんどん変化していく。今の営業マンも足だけで開拓すると効率が悪くなってきた。現代には現代に合った新規開拓をしなければならない。

 

実際に足で稼いだ顧客と、現代に合った営業方法で稼いだ顧客との価値はほとんど変わらない。その価値は獲得した後の対応やフォローで決まってくる。それならば、新規開拓の方法は様々なツールを活用するべきだ。そこで6つの方法を紹介する。

 

自社ホームページ

どの会社もホームページを持つようになった。ホームページは大まかに2種類の本質がある。「パンフレット型」と「営業マン型」だ。「パンフレット型」とはただ会社の内容を紹介しているホームページである。そこから新規開拓を目指そうとはしない。「営業マン型」はホームページから顧客を獲得しようとしている。検索エンジンで上位に来るよう施策したり、ブログを書いてアクセスアップしたりだ。ホームページを活用するのもひとつの手だ。

 

ソーシャルメディア

現代は、Facebook や Twitter などのソーシャルメディアが普及している。簡単に情報が発信でき、情報がねずみ算式にシェアされる。有用な情報ほど拡散されやすいため、そのような拡散されやすい有用な情報を提供できるよう、ソーシャルメディアを活用すると良い。

 

メールマガジン・DM

ソーシャルメディアの前の時代は、メールマガジンなどが有効だった。今でもメールアドレスを持っていない人が居ないほど、メールは普及してる。そのためメーマガジンも有効だ。無料で瞬時に何万人もの人々に情報提供やアプローチができる。広告ツール、新規顧客獲得ツールとしてもメーマガジンを抑えておくのも良い。

 

リストを購入する

電話アポのリストを購入するのも良いだろう。見込み客をターゲットに電話アポをかける。今ではその専門の業者もあるので、アウトソーシングをしても良いだろう。電話アポについては、効果的な電話アポも参考にしてほしい。

 

展示会、セミナー

有用な情報を提供する意味でも、セミナーや展示会を自主的に開くのもよい。まずは情報提供を行なって、新規開拓につながるのだ。新規開拓以外にも、セミナーが口コミやメディアなどに取り上げられたら、会社の評判もあがる。新規開拓のツールとしてのセミナーが発想に無かった場合、上司や会社に提案してみるのも良いだろう。

 

飛び込み

インターネットが普及した今でも飛び込みは有効な方法だ。ネットや電話等に頼りがちな営業マンも飛び込み営業の大切さを忘れてはならない。顧客の生の反応や、地域の特色など、ネットや電話では得られない新たな発見もあるだろう。飛び込みは営業の基本である。初心を忘れない意味でも、時々飛び込み営業をするのも良い。

 

参考書籍:

営業マンは「目先の注文」を捨てなさい!

営業マンは「目先の注文」を捨てなさい!