読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

お得意先があなたから離れていく!意外と気づかない7つの顧客離れポイント

Tokyo 1609
Photo:Tokyo 1609 By tokyoform

お得意先はサービスに満足がいかないと離れていく。ただ必ずしもそのサインを送るとは限らない。突然、取引を打ち切られることもあるのだ。そのため、営業マンは常に不満などがないか気をつけなければならない。ここではお得意先が離れる原因になるポイントを紹介する。

 

営業マンの怠慢やミス

以下のポイントを自問自答し、問題ないか振り返る必要がある。

 

1.顧客とのコミュニケション不足

勝手に売れるから放っておくなど、コミュニケション不足による顧客離れ。常に何か不満点などないかコミュニケションをとる。

2.対応の遅さ

何か要望があっても対応が遅いと、積もり積もって他社に切り替える場合がある。なるべく早めに、納期を守り対応する必要がある。

3.フォローが不十分

売りっぱなしでは不十分だ。販売した後も、定期的にフォローしなければならない。

4.商品知識の不足

商品知識がなければ、不信感を抱かせてしまう。商品知識の把握は営業マンの基礎である。

5.クレーム対応の悪さ

クレームが出た時に対応がまずいとそのまま離れてしまう。クレームもチャンスと捉え誠心誠意対応すべきだ。

6.営業マンの引き継ぎ不足

営業マンが切り替わったタイミングで離れるケース。しっかりコミュニケションと引き継ぎをして、つなぎとめる必要がある。

7.ライバル会社の軽視

ずっと自社と取引をしてくれているから、ライバル会社は無視していいと考えてはならない。常にライバル会社の動向を見て、戦略を考えなければならない。

 

参考書籍:

営業の教科書―営業マンとしてこれだけは知っておきたい実践知識

営業の教科書―営業マンとしてこれだけは知っておきたい実践知識