読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

トップ営業マンが実行している小さな「他の営業マンとは違うこと」

Tokyo 671
Photo:Tokyo 671 By tokyoform

相手目線の違うことを実行する

トップ営業マンは他の営業マンとは違うことをしているから、トップでいられる。それは小さいことだがとても大切なことだ。例えば、

 

  • お宅訪問の際、カバンの下にハンカチを敷く
  • お辞儀は人よりも長く深く
  • 派手なスーツは控える
  • 会社訪問の際、駐車はなるべく遠くの駐車スペースに停める

 

など、相手目線で一つ上の気遣いをすることだ。普通の営業マンがしない、一つ上のサービスや気遣いをすることによって、「この営業マンから買いたい」と思ってもらえる。

 

小さいことといって甘く見てはいけない。顧客は気遣いのない少しの仕草、言動はすぐ気づくのだ。逆に誰でもできる小さな気遣いをすることによって、大きなインパクトがある。誰も見てないようなところの気遣いを発見すると印象が深くなる。

 

現在、営業活動においてもう少し人と差がつく気遣いができないか考えてみるとよい。服装はいい印象を与えられるのか。他に相手が喜ぶことはできないか。「そこまでやるか?」というレベルで調度よいかもしれない。誰もしないような気遣いをすると、他の営業マンよりも先に行けるだろう。

 

参考書籍:

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール