読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

しつこい値下げを要求してくる顧客をかわす3つのうまいやり方

If you just wait to adopt a cat, the price will go down. :-(
Photo:If you just wait to adopt a cat, the price will go down. :-( By *bri*

中には購入決定したと思ったら、しつこく値下げをしてくる顧客がいる。そこで営業マンの腕の見せ所だ。しつこい値下げをしっかりとかわすうまいやり方を紹介する。

逆に値上げしろと上司から言われている

10万円からもっと値下げを要求されると、以下のように伝える。

 

「こんな利益の商品、内部からは売るなと言われているんですよ」

「本当は、13万円じゃないと元がとれないんですよ。」

「逆に値上げしろと上司から言われているんですよ。」

 

など、これはギリギリ限界だと伝えることで、値下げ要求を取り下げてくれることがある。

 

権限がないとつたえる

「値下げする権限はない」や「誰が売ってもこの値段に統一しているのですよ」ということを伝える。自分ではどうすることができないということを伝えることによって、あきらめてもらえる。

 

逆に不利益が被ることを伝える

これはあまりいい方法ではないかもしれないが、値下げすると「品質が悪くなる」、「納期が値下げしてない別の顧客を優先されるため遅れる可能性がある」など不利益が被ることを遠回しに伝える。社内の事情をしっかりと真摯に話すことによって、理解してくれるだろう。

 

参考書籍:

営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)

営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)