読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

人に財布を開かせる一流のセールスマンが心得ている"さらに"3つのこと

My wallet (slimmed)
Photo:My wallet (slimmed) By tychay

前回のエントリー「人に財布を開かせる一流のセールスマンが心得ている3つのこと」に書いたもう3つのことを紹介する。

 

相手のことを思っていることをアピールする

これについては過去のエントリー「購入意欲を刺激する売れるセールスマンの違いとは」でも紹介したが、会社の利益ではない、自分の利益ではない本当に心から顧客のために考えているということをアピールすると顧客も感動する。たとえばあえて安い商品をおすすめする、少し手間と時間を使うなど、利益よりも顧客のためということをうまくアピールするのだ。

 

商品を手にとってもらう

優秀なセールスマンはとにかく商品を手にとってもらう。買わなくてもいいからといいながら、試乗や試着などをすすめる。なぜそのようにするかというと次のポイントにつながる。

 

手にとってもらうことで商談を長引かせる

とにかく購入に時間をかける。通常、時間がかかると買う確率が高くなる。なぜかというと、「こんなに時間をかけたのだから、買わないともったいない」という心理が働くからだ。時は金なりというが、ここでも時間が購入に至るまでの大切なポイントとなる。

 

参考書籍:

営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)

営業と詐欺のあいだ (幻冬舎新書)