読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何かを考察するブログ

販売や接客の効果的な方法を考察するブログ。購入者の心理や販売テクニック、トーク技術を磨き、つらい、きついというイメージを見直します。

電話における専門外やわからないこと聞かれた時のベストな対処法

まずははっきりとわかないと伝える

新入社員はすべての業務内容がわかるわけでないし、ベテラン社員も専門外はわからない事が多い。このようなことを電話で聞かれるケースがあるがどのように対処したらよいか。まずははっきりとわからないことを伝える

 

「申し訳ありません。私ではわかりかねます」

 

「うーん」や「恐らく○○かもしれない」などと答えたら最悪だ。相手に不安を与えてしまうし、間違って答えている場合は、後々の問題に発展する可能性がある。わからないことをはっきりと伝えたあとこう加える。

 

「後ほど担当者からお電話させて頂きますので、ご連絡先をお伺いしてもよろしいでしょうか」

 

わからなくてもこのようにしっかりと対応をして相手への信頼感を落とさないよう気をつける必要がある。

 

参考書籍:

稼げる営業の電話は1分

稼げる営業の電話は1分